バイトしてない平凡女子大生がインスタに漫画をUPしてから半年経った。

バイトしてない平凡女子大生がインスタに漫画をUPしてから半年経った。

こんちゃっす、あんずです。

バイトしてない平凡女子大生がインスタにカップルエッセイをUPしてから半年、正確には7ヶ月半が経ちました。

ここまでの活動をサラーッと振り返ってみようと思います。思ったことをだらだら描くので、取り止めのない文章になることは予めご了承くださいね🙇‍♀️

 

私は大学入学前に3ヶ月間バイトをしただけで、大学に入学してからは一切バイトをしていませんでした。

私の友達はというと、株をやってる子がいたり、1年の頃から会社で働いていたり、ラジオのパーソナリティーをやったり、7回目でスタバの面接にやっと受かった子がいたりと、いろいろなことをやってる子が多くいました。

そんな中私がバイトをしなかった理由は単純で、入学前にバイトで貯めたお金とこれまで両親からお小遣いとしていただいたお金に一切手をつけず、小学校の頃から今に至るまでずっと貯金した分が残っているからでした。

バイトをしていない間、学祭の実行委員でも役職のあるポジションについたりと、何かと忙しい日々を送っていたので特に困ることもありませんでした。

しかし、2年生の秋に実行委員の活動を引退し、バイトをしていない私はついに暇人になってしまいました。

特にしたいこともないし、特に欲しいものもないのにバイトをするモチベーションもなく、特に何もすることがないまま日々を過ごしていたある日のことです。

 

私がインスタグラムに投稿を始めたのは2020年2月8日。周りがバイトに勤しむ中で、学校があるわけでもなくあまりにも暇すぎた春休み期間、何かしないと本気でダメ人間になってしまうと始めたのがきっかけでした。

元々お絵描きが好きだったし、カップルエッセイもちょくちょく見ていたので始めたという、なんとも気軽で簡単な始め方でした。笑

インスタを開設してから9日ほどでフォロワーさんが100人に。

あっという間に3桁に達した時は、自分の作品を誰かに見てもらえていることが嬉しすぎて飛び跳ねたのを覚えています。

というのも、私は幼稚園の頃から自由帳に絵を描いており、中高に上がってからは出版社に漫画を投稿していたこともありました。

当時漫画家志望垢としてTwitterでアカウントを運営していましたが、それも趣味の範疇でフォロワーも70人前後。

だからこそ、たくさんの人に見てもらえて、いいね!を押してもらえることが嬉しかったのです。

 

インスタを運営し始めてから1ヶ月ほどでフォロワーは500人になりました。

その頃、父のお下がりのiPadを譲り受け、ずっと描きたかった馴れ初め編を、より漫画っぽく描き始めました。

すると驚くことに馴れ初め編がバズりにバズって、5日でフォロワーさんは2倍の1000人に。1ヶ月後には8000人を超える事態になりました。

馴れ初め編は最終的にメディアさんにも取り上げていただき、記事になりました。

フォロワーが4000人を突破したあたりで、初めてちゃんとした企業様からPRのお仕事をいただき、その日はしばくんに飛びついて喜びました。

漫画家志望であった私にとって、絵でお金を稼ぐことは夢のまた夢の出来事だと思っていたので笑

フォロワーさんが1万人を超えたあたりで、NAPBIZさんにお声がけいただき、NAPBIZさんにて公式ブロガーとして活動を始めることとなりました。

そのあとすぐにUPした初デート編の漫画がさらにバズり、1日1000人単位でフォロワーは増え、アカウントを開設してから3ヶ月後にはフォロワーが2万人を突破する事態となりました。

フォロワー2.4万人あたりで初めてのデザインのお仕事もいただき、MASK WEAR TOKYOさんにてコラボマスクを販売することとなった時はまさに夢のようで、慌てて両親に報告をしました笑

 

中高時代に何度漫画雑誌に応募しても賞を取れず、悔し涙を流しながら絵を描いていた私にとって、こんなにもたくさんの方に私の作品を見て「面白かった」「可愛い」と言ってもらえたことはまさに救いでした。

応援やコメントがあったからこそ、半年以上も漫画を描き続けられているのだと思います。

みなさま本当にいつもありがとうございます。

 

漫画を描き始めてから変わったことといえば、私のメンタルです。

私は昔からものすごいネガティブ思考の人間で、すぐに周りと比べたり、自分が周りと比べて劣っていると考えていました。

今考えれば、確かに周りと比べてできないこともあるけれど、その分自分だって周りにできないことをしているのになぁと思うのですが、当時は悪いところばかり目についてしょうがなかったのです。

インスタで漫画を描き始めて、たくさんの方に見てもらえるようになってから、自分に少し自信を持てるようになりました。

こんな私でも、誰かの生活や考え方に影響を与えられるような人間なのだと感じた時は、家で1人涙を流しました。

 

その感謝と嬉しさから、7月ごろにYouTubeに手を出しました。

以前別の記事でも書きましたが、春休みに暇人すぎてSNSで活動しようと決めた時、インスタで漫画をかくか、大好きなYouTubeを始めるかで悩んでいたのもあり、YouTubeを始めることは私の憧れでした。

昔から自分の大好きなものは自分で作ってみたいと思うタチで、YouTubeを始めたいと思うのは私にとって自然なことでした。

当然、悩みや葛藤はありました。

YouTubeを始めるからには本気でやりたいし、始めるなら顔出しをしたい。

でも顔出ししたらなんか言われるだろうし、ファンの人のイメージを壊しちゃうかもだし、インスタとYouTube二足の草鞋で大丈夫なのかな。そんな思いでした。

でも結局そんなのやってみなくちゃわからないし、私の顔について批判する人は、思っててもいいけど言ってる時点でその人がおかしいし、私のイメージってなんだ?私は私なんだけどという思いでYouTubeでの活動を開始しました。

 

現在YouTubeの活動を始めて早2ヶ月。

ありがたいことにチャンネル登録者さんは4000人を超え、最初の目標にしている5000人にも少しずつ近づきつつあります。

先日は、私のYouTubeを見てくださっている方に街中で話しかけられるという嬉しい出来事もありました。

 

まとめ

SNSの世界で活動を始めてから7ヶ月半。

平凡でどこにでもいる女子大生だった私が、誰かに応援してもらえる立場になったのはいつも見てくれているみなさんのおかげです。

本当にいつもありがとうございます。

1年経ったらまた活動をサラーッと報告?する文章を書こうかな。備忘録的な感じで。

 

私自身いつまでSNSで活動するのか見当もつきませんが、これからもたくさんの人に応援してもらえるように、インスタでもYouTubeでも頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします!!!

 

あんず

1+