フォロワーさんの胸キュンエピソード④

フォロワーさんの胸キュンエピソード③


↑前回

 

フォロワーさんの胸キュンエピソード④

 

 

 

 

 

エピソード本文

当時高校2年生だった僕は長年お世話になった美容院が閉まってしまうので花束をプレゼントしようと思い、学校帰りに最寄り駅の花屋に行きそこで店員として働いていた今の彼女と出会いました。

一目惚れです、どタイプでした(笑) はつらつとした笑顔で親身に話を聞いてくれる姿に惹かれ、その後彼女に会うために2回花屋に行き、2回目で名前を、3回目で連絡先を聞きました。

連絡先を聞いた時彼女から4つ年上だと言うことを聞き(当時17と21)正直とてもびっくりしましたが、好きという気持ちに年齢差なんて関係ありませんでした。

連絡をとり合う中で「正直に言うと自分は彼女さんに一目惚れしました」と伝えると、「私も昨日より今日の方が好きだよ」と言われその言葉にキュンとし、やられました(笑)

北海道修学旅行のお土産のガラスの手鏡をあげた日に付き合いました。 来月で付き合って1年になります。

 

インスタグラムでエッセイ漫画配信中!

43+