動画に字幕をつけるということ

動画に字幕をつけるということ

こんにちは!

インスタでエッセイ漫画を書いています。あんずです。

今回は、私が最近YouTubeの動画に字幕を付けている理由についてお話ししたいと思います。

 

きっかけ

動画に字幕を付け始めたのは、本当に最近のことです。

ある日、一通の長い長いDMが届きました。その内容は…

 

あんずさん、YouTubeの動画のことで相談があります

 

というものでした。

 

字幕を付けてほしい

そのDMにはこんなことが書いてありました。

私は今まで、動画に字幕をつける意味をちゃんと理解していませんでした

動画の編集技法の一つとしてキーワードに字幕を付けていましたが、ここにきてYouTubeの字幕の本当の意味を学びました。

 

そして何より、難聴だから私の動画を見なくていいやと思ったのではなく、それでも見たいと思ってくれたことにひどく感動してしまいました。

 

基本的にフォロワーさんのDMは全て目を通していますが、DMを送る側としては読まれるかどうか不安だと思います。

それでもDMを送ってくれたことに感謝してもしきれません。

 

字幕の存在理由

そして最後に、こんなことを聞かれました。

言われてみれば、確かに私たち聴者は

字幕を字幕として見ることはあまりありません。

動画で本人が話していることの補足として捉えることがほとんどです。

 

動画の雰囲気によっては、字幕を動画内に付けない方が良い場合もあるでしょう。

私の動画も基本的には雑談口調なので、動画内に字幕を埋め込むと、自然さがなくなってしまうようにも思います。

 

そこで私はYouTubeの字幕機能に、自分の話していることを一字一句打ち込むことにしました。

正直動画の制作時間は倍に伸びましたが、そのおかげでこんなコメントをいただきました。

また、字幕を付けた日には別の方からDMで

「私も難聴なのだけれど、動画に字幕がついて嬉しかった」

というDMをいただきました。

 

動画に字幕をつけるということ

私はフォロワーさんのおかげで、自分の価値観を改めることができました。

確かに難聴の方は少数派かもしれません。

だけど私の動画を楽しんでくれる大切な方には違いありません。

本当にありがとうございました。

そして、いつも楽しんでくれて本当にありがとうございます!

これからも、SNSの活動を頑張っていきたいと思えた出来事でした。

 

 

インスタでエッセイ漫画配信中!

48+